製品ラインナップ

防火ガラス

「安心」と「安全」を確保する、ファイアライトシリーズ

特長

1とにかく熱衝撃に強い
800℃に熱した後に氷水をかけても割れない防火ガラスは、熱膨張がほぼゼロの超耐熱結晶化ガラス製のファイアライトだけです。
2網なしで視界すっきり
通常の窓ガラスとほぼ同等のクリアな視界。防火区画をファイアライトで区画すれば、見慣れた避難経路と見通しを確保できます。
3自然破損の恐れがない
耐熱強化ガラスには、外力が加わっていないにも関わらず不意に破損する問題がありますが、ファイアライトはその心配のないガラスです。

実火災加熱条件下における、
防火ガラス部材の挙動に関する研究

実火災に近い状況下で、防火ガラス部材がどのような挙動(破損などの発生)を示すか、また放水に対してこれらの部材がどのような挙動を示すかを観察?計測するための資料を得ることを目的に、消防研究所、東京大学、(株)イー?アール?エス、日本電気硝子(株)による共同研究として行われました。

ファイアライト® t 5.0mm

写真:ファイアライト? t 5.0mm

耐熱強化ガラス t 8.0mm

写真:耐熱強化ガラス t 8.0mm

実験方法

4m×4m、天井高さ2.3mの実験区画に、1.22m×1.93mの防火ガラスを枠材に取り付け。加熱仕様は、2号クリブ2段積みを模擬火源とし、区画の上部高層温度を15分間700℃程度に確保。その後、ガラスの非加熱側の最高温度(約470℃)時点で、ポリエチレンフィルムで作成した水球(水量300cc~930cc)を高さ50cmから所定の位置に衝突させる。

実験結果

ファイアライト®は、実火災を想定した加熱や水球衝突でもまったく変化はなかった。耐熱強化ガラスは、加熱時の温度差や水球衝突によりガラスは細かく破損?脱落し、火災の火が大きく噴き出した。

特定防火設備および防火設備の必要箇所

「安心」と「安全」を確保する、ファイアライトシリーズ「安心」と「安全」を確保する、ファイアライトシリーズ

ファイアライトプラスページへ

flick 

ラインアップ

ファイアライト®

火災時の急激な温度上昇と消火作業の放水による熱衝撃に耐えられます。

写真:ファイアライト®

ファイアライト プラス®

特定防火設備の認定を取得した、唯一の合わせガラスです。

写真:ファイアライト プラス®

ファイアライト® 3D

3D映画館の映写室窓用に開発。高性能の反射防止膜をガラス両面に施しています。

写真:ファイアライト® 3D

ファイアライト 遮熱®

金属反射膜を施したファイアライト®。耐火性?遮熱性?遮煙性に優れ、電磁波遮蔽性能も有します。

写真:ファイアライト 遮熱®

TOP
老司机67194入口/午夜精品国产自在现线拍/欧美人与动性行为视频/乱伦电影